1. トップページ
  2. 基板設計

基板設計・アートワーク設計

プリント基板設計(アートワーク設計)の特徴

30年の基板設計実績、蓄積した経験でリスク回避

基板設計

誤作動のないパターンを設計

一口に、基板設計と言っても、回路図を見てつなげていくだけでも、基板の形にはなってしまいます。しかし、単純な回路以外では、基板設計のノウハウがないと、基板を作ってしまった後、不具合が発覚してしまう場合が考えられます。これを未然に防ぐには、経験とスキルが最も重要です。

例えば、何十アンペアの電流が流れ何百ボルトの電圧がかかる回路の場合、パターン幅、パターン同士との間隔を考慮しないと、誤動作を起こしたり、電子部品が破壊されたりします。 また、DDRのように高速で信号を伝送する場合、様々な条件を考慮した上で、部品配置を含めた配線仕様でパターンを接続しなければなりません。 (インピーダンス整合のマッチングによるパターン幅、間隔、各信号のパターンの等長配線並びに、許容誤差、配線のクロストーク、基板の層構成など)

昨今、基板設計は自動化が進んでいますが、あらゆる問題に関しては、それを事前に読み取り、設計に反映する経験と技術が必要となっています。長い経験と蓄積したノウハウを元に対応します。

お客様からご提示していただく資料

回路図
部品表(回路図との1:1)
結線情報(NET:回路図との1:1)(当方でNET作成も可能です)
設計仕様
  位置指定部品等の情報
  配線、配置の禁止情報
  基板仕様(外形、層構成、材質、板厚等)
  部品位置data,半田maskdataの要、不要
  回路上のコメント

製品搭載までの作業性を考慮した設計、社内の連携で工数削減

基板実装部門と綿密な連携で、実装工数削減によるコストメリットのあるお見積もりをご提案いたします。実装にかかる工数を減らすために部品の選定や配置など細かな部分の積み重ねによるコストカットを大切にいたします。

あわせて、製作した基板が製品に搭載されるまでをしっかりと想像し、ユーザーの作業性などにも配慮した取り扱いやすい部品配置を心がけています。

よくあるご質問

設計途中での確認はできますか?

もちろんできます。新規登録部品や、部品配置・特に重要な配線箇所など、お客様のご要望に合わせて確認いただけます。

図面、データがなく、基板現物しかありません。基板設計・製造は可能ですか?

基板によります。2層板で、複雑な部品(狭ピッチの部品など)が無いなどであれば可能です。
*多層板は、内層の接続状態が目で見えませんので、不可となります。

お問い合わせ